JAL国内線は上級クラスが魅力

クラスJにすると窮屈じゃない

仕事で貯めたマイルを夫婦で利用 : クラスJにすると窮屈じゃない

また、JALの国内線ではファーストクラスとクラスJという上級クラスが用意されています。
エコノミークラスにしか乗った経験がない方は是非上級クラスにも搭乗してみてください。
これまでの飛行機での移動のイメージが大きく変わることでしょう。
ただ、ファーストクラスはエコノミークラスに追加で約8000円の追加料金を支払わなければ利用することが出来ません。
その代わり、シートは快適で、食事も提供されます。
もちろんラウンジの利用も可能です。
しかし、会社の出張で飛行機を利用する方は出張旅費が限られている場合も多いでしょう。
出張旅費で国内線ファーストクラスを利用することが出来ない場合でも、クラスJであれば利用することが出来る可能性があります。
クラスJであれば、エコノミークラス運賃に1000円を追加で支払うだけで利用することが出来ます。
特に北海道や沖縄など国内でも長距離の移動となると身体に負担がかかるものです。
出張旅費でエコノミークラスの利用でも当日空港でクラスJに空きがあれば私は迷わず利用します。
このクラスJでは座席の幅がまず違います。
足を伸ばそうとして前の座席の背にあたってしまうとそれだけでストレスになります。
エコノミークラスでは前の方がリクライニングを倒すと更に窮屈に感じます。
また、真ん中の中席になるとお手洗いに立つこともままならないでしょう。
しかし、クラスJの座席配列は2−2−2の配列なので、真ん中の座席がありません。
窓側であれば通路側の方の前を通る必要がありますが、そもそもクラスJだと座席間隔が広いのでエコノミークラスよりも気を使わなくて済みます。
出張の移動で疲れてしまって商談が上手くいかないよりは、1000円の差額で快適に移動出来る方がずっとメリットがあります。

JALアプリで予約する